『METAL WOLF CHAOS XD』8月6日に発売決定。フロム・ソフトウェアが手がけたメカアクション『メタルウルフカオス』のリマスター

フロム・ソフトウェアは7月4日、『METAL WOLF CHAOS XD』を8月6日に発売すると発表した(Steamでは8月7日)。プラットフォームはPC(Steam)/PlayStation 4/Xbox Oneで、価格は2700円(Steam版は2570円)。各プラットフォームでは、それぞれ異なる機体デザインのパワードスーツが予約特典として用意されている。

本作は、2004年に初代Xbox向けに発売されたメカアクションゲーム『METAL WOLF CHAOS(メタルウルフカオス)』のリマスター版だ。数々の移植を手がけるGeneral Arcadeが開発し、海外ではDevolver Digitalが販売を担当する。

『METAL WOLF CHAOS XD』の舞台となるのは、21世紀から四半世紀が過ぎたアメリカ合衆国。リチャード・ホーク副大統領による大規模なクーデターが発生し、全米が制圧されてしまう。そこで第47代アメリカ合衆国大統領のマイケル・ウィルソン Jr.は、最新鋭の特殊機動重装甲(パワードスーツ)であるメタルウルフに身を包みホワイトハウスから出撃。選民思想を持ち一般市民にも危害を加えようとしているリチャードを打倒し、アメリカに自由と平和を取り戻すために戦う。

本作には100種類以上の武器が登場し、ハンドガンやショットガンなど片手持ちの軽火器や、ミサイルなどの片手持ちの重火器、そしてレールガンなどの両手持ちの軽・重火器といったカテゴリがある。新たな武器は、ミッションクリア報酬である資金とレアメタルを投じ、技術開発と生産をおこなってアンロックしていく。アメリカ各地を舞台にするミッションでは、歩兵や戦車、航空機、メックなど大量の敵や巨大なボスが現れる。バトル中には、メタルウルフのバックパックに搭載した複数の武器を換装し使い分けることが可能で、その圧倒的な火力と機動力を活かして立ち向かうのだ。

リマスター版である『METAL WOLF CHAOS XD』では、ワイドスクリーン化して1080p解像度に対応(PC版はネイティブ4Kをサポート。PS4 Pro/Xbox One Xではアップスケールにて4K対応)。さらに一部のテクスチャやビジュアルエフェクトをアップグレードさせ、新たにオートセーブにも対応する。

もともと日本でしか発売されなかったオリジナル版は、YouTubeなどを通じてそのゲームプレイが世界中に拡散し、カルト的人気作として語り継がれてきた。また主人公のマイケルと、ナビゲーターである秘書官ジョディ・クロフォードとの軽妙なやり取りも本作の魅力のひとつ。今回のリマスター版リリースにより、ようやく多くの人の手に渡ることになる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog