This is a cache of http://dbflute.seasar.org/ja/environment/upgrade/migration/migrate120to121.html. It is a snapshot of the page at 2024-02-01T00:20:32.227+0000.
移行 1.<strong>2</strong>.0 to 1.<strong>2</strong>.1 | DBFlute

移行 1.2.0 to 1.2.1

お約束の注意点

古いバージョンの削除
古いバージョンのDBFluteランタイム(JAR)が[WEB-INF/lib]の下などに残らないように
タスクを実行し忘れないように
Generateタスクだけでなく、(外だしSQLがある場合は)Sql2Entityタスクも実行

環境上の注意点

AlterCheck, unreleased-checked-alterディレクトリ

AlterCheckがリニューアルされました。ドキュメントもリニューアルされているので、詳しい内容はそちらにて。 ("DBFluteユーザの集いML" や DBFlute Slack でも詳しくやり取りされています)

AlterCheck

移行時の注意としてひとつ、AlterCheck後の本番DBに実行するためのAlterDDLの場所が変わっていますので、リリース作業するときにご注意ください。

いままで
history配下の checked-alter...zip ファイルの中
これから
history配下の unreleased-checked-alter ディレクトリ

ただし、DBFluteをアップグレードした後に一度も AlterCheck を実行していなければ、unreleased-checked-alter に移行されませんので、そのときは checked-alter...zip のままです。(アップグレード後の最初のAlterCheckのときに移行されます)

AlterCheck, スプリント途中でアップグレードしてもOK

スプリントの途中でアップグレードしても問題ありません。

AlterCheckの時、checked-alter...zip があったらあったで展開してalterディレクトリに復元されるようになっています(両方が同時に存在していても、両方とも復元される)。 そして、チェック成功で保存されるときにするときに unreleased-checked-alter に集約され、checked-alter...zip が skipped になり、自動的に移行がされます。

SavePreviousの時も、checked-alter...zip があったらあったで finished されます。その次の AlterCheck のときに unreleased-checked-alter 方式に自然と移行されます。

実装上の注意点

特になし